岡目八目 〜調停・交渉事案においての弁護士の存在価値

先日,千葉市長の熊谷俊人さんとお話をする機会がありました。
その中で熊谷さんは,

「その街の本当にいいところというのは,地元の人間にはなかなか気づきにくいようだ。
 自分は外部から来た人間だからこそ,千葉市のいいところがわかる。」

ということをおっしゃっていました。

考えてみると,紛争解決の場面においてもこれは当てはまるように思います。
当事者がこだわっているところが,必ずしもその紛争の要とは限りません。
むしろ,第三者の視点から見て初めてつかめることの方が多いものです。
そして,正にここが,紛争解決における代理人の存在意義になると思います。

例えば離婚調停などは,代理人を付けずに当事者だけでなされることも多いのが現状です。
確かに,調停自体は話し合いの手続である上,調停委員がいるので,当事者だけであっても手続を進められるのは間違いありません。
しかし,第三者(それも自分サイド)の視点が入るのと入らないのとでは,やはり解決の「深さ」が違ってくるように感じています。
冷静に事実を見つめ,考えられる方向性を検討し,選択すべき道筋を分析する。
当事者になってみると,これがなかなか難しいものです。
第三者だからこそできることが,調停・交渉の現場にはあるといってよいと思います。

第三者として,しかし依頼者のために,ベストを尽くすことを続けていきたいと思います。
 


日付から記事を探す

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

現在表示されている記事

最新の記事

記事の種類から探す

過去の記事

リンク

プロフィール情報

書いた記事数:182 最後に更新した日:2018/11/19

検索

中井総合法律事務所

弁護士 中井 洋輔
(島根県弁護士会所属)
島根県出雲市渡橋町61
一畑いずも渡橋ビル2階
[TEL]0853-31-4960
[FAX]0853-31-4961