刑事弁護のスタイル

当事務所では,刑事弁護活動も積極的に行っています。

刑事弁護についてはテレビドラマなどでよく見る分,みなさんイメージを持ちやすいかと思います。
私も,子供のころは,刑事弁護というのはテレビのように華々しいものだと思っていました。

しかし,現実の刑事弁護活動は,テレビドラマとは違います。
私は,これまでいろいろな刑事事件の弁護人として刑事弁護活動をしてきましたが,法廷で謎を解決したり,真犯人を断崖に追い詰めたりしたことは残念ながら一度もありません。

実際の(少なくとも私の)刑事弁護活動は,もっと「地味」で「少しずつ積み重ねていく」ものです。

たとえば,被疑者・被告人と留置施設で面会を繰り返し,本人の内省や今後のことを一緒に考える。

たとえば,本人が被害者の方にあてて書いた謝罪の手紙を受け取ってもらえるように,本人に代わって被害者の方とお話する。

たとえば,勾留されて自由のない本人と家族との橋渡しをする。

たとえば,執行猶予で社会内更生が許された場合に備えて,身元引受・監督について家族と調整する。

たとえば,家族と協力して,被害者に被害弁償する。

たとえば,裁判の被告人質問において,本人が裁判までの時間の中で自分の罪とどう向き合ったか,同じ過ちを繰り返さないためにはどう変わらないといけないと考えたかなどを裁判官に理解してもらうにはどうしたらいいかを考える。


このような活動を少しずつ積み重ね,被疑者・被告人本人やその家族などの関係者と信頼関係を構築できたとき,はじめてその事案が向かうべき方向性が見えてきます。
それは,たとえ裁判で厳しい結果が出たとしても,本人も家族もそれを受け止めてこれからの人生と向き合える。それを可能にする方向性です。
そして,弁護人としての関与の中で,こんな状態を作り上げていくお手伝いをしていくことが,私の考える刑事弁護活動です。


弁護士によって刑事弁護のスタイルはいろいろあると思いますが,これが私の刑事弁護のスタイルです。
今年もこのスタイルで,頑張っていこうと思っています。


日付から記事を探す

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>

現在表示されている記事

最新の記事

記事の種類から探す

過去の記事

リンク

プロフィール情報

書いた記事数:198 最後に更新した日:2019/07/18

検索

中井総合法律事務所

弁護士 中井 洋輔
(島根県弁護士会所属)
島根県出雲市渡橋町61
一畑いずも渡橋ビル2階
[TEL]0853-31-4960
[FAX]0853-31-4961