個人の倒産手続 その1 〜各倒産手続の概要〜

 

☆相談

   消費者金融からの借入れの返済、自動車ローン、税金、住宅ローン、光熱費……

 もう、来月の支払ができそうにありません。どうすればいいでしょうか。

 

 リストラや病気で失職したことで収入が減少してしまったり、生活費を補填するために利用していた消費者金融からの借入れが膨らんでしまったりなど、様々な理由から債務の返済が困難になる場合があります。

 

 この場合に採ることが考えられるのが倒産手続です。ただ、「破産」に対する社会的なイメージが現在においてもいいものとはいえないことや、倒産手続について分からないことが多いため、一般に第三者に相談することがためらわれがちです。

 

 そこで、今回から数回に渡って、倒産手続の基本的な事項を確認していきたいと思います。ご参考になれば幸いです。

 

Q.個人の倒産手続にはどのような手続がありますか?

A.個人の倒産手続の主なものとしては、’ぐ媽依、破産、8朕雄得犬挙げられます。,郎枷十蠅関与しない手続であるのに対し、△鉢は裁判所の関与の下で進められる手続であるという点に違いがあります。

 

’ぐ媽依

 任意整理とは、各債権者との間で返済額や返済方法について個別に交渉し、交渉によって決められた合意に従って債務を返済していく方法をいます。

 

破産

 破産とは、破産手続開始時の債務者の財産の一部を、破産管財人(※)が売却等して、そこから得られた金銭を債権者に平等に配当し、残った債務については、免責(※)することによって、債務者を債務の負担から解放する手続のことをいいます。

 

 破産管財人とは、債務者の財産を管理・処分したり、債権者から提出される債権届出書の内容が正しいか調査したり、配当を行ったりと破産手続を実施する人のことをいいます。破産管財人は、弁護士が裁判所から選任されます。もっとも、債務者の財産情況によっては、破産管財人が選任されない場合もあります。

 

 債務の中には免責されないものもあります。

 

8朕雄得

 個人再生とは、破産のおそれのある債務者や債務を弁済すると事業に著しい支障が生じる債務者が、債務の返済額や条件の変更を受けて、その変更後の返済計画に従って債務を返済していく手続のことをいいます。

 

   任意整理との違いは、手続に裁判所が関与し、債務の返済額や条件の変更等に裁判所の許可がいる点です。

 

 

Q.各手続のメリット・デメリットは何ですか?

A’ぐ媽依

・メリット

(顱忘盪困鮗衒す必要がない。 

 

(髻忘枷十蠅関与しないため、簡易・迅速に問題が解決できる。

 

・デメリット

(顱忘通海量叛佞鮗けるわけではないので、継続的に支払をしなければならない。

 

(髻乏萄銚⊆圓噺鎚未妨鮠弔靴覆韻譴个覆蕕覆い燭瓠△海舛蕕陵弋瓩通るとは限らない。

 

        また、個別に交渉するため、ある債権者に対する債務は大幅に 免除や猶予を受けられたが、他の債権者に対する債務はほとんど従前の内容から変更がなかったということもありうる。

 

(鵝砲い錣罎襯屮薀奪リストに載ってしまうため、約5年間借入れができなくなる。

 

 破産

・メリット

(顱北叛佞砲茲蝓∈通海良蘆瓦鯡箸譴襦腹)。

 

(髻貿ぐ媽依や個人再生と異なり、免責について債権者の同意が不要であるため、一律に債務の負担を免れることが可能。

 

・デメリット

(顱剖制的に財産を換価処分される(※)。

 

(髻防ず免責されるわけではなく、財産は処分されたのに、債務は残るという場合もありうる(※)。

 

(鵝僕絞慂は破産管財人に転送されるため、プライバシーが制約される。

 

(堯飽貭蠅凌Χ箸砲弔い討蓮¬叛娵萃蠅鮗けるまで就くことができない(※)。

 

()いわゆるブラックリストに載ってしまうため、約5〜10年間借入れができなくなる。

 

 税金等一部の債務は免責されませんが、借金は全て免責されます。

 

 一定の財産は残すことができます。

 

 浪費やギャンブル等で多額の借金をしたなどの特殊な場合に限られ、基本的に免責されます。

 

 例:弁護士、司法書士、宅地建物取引業者、警備員等

 

 8朕雄得

・メリット

(顱忘盪困鮗衒す必要がない。

 

(髻飽貳未貿ぐ媽依よりも債権のカット率が大きい。

 

(鵝貿ぐ媽依と異なり、各債権者と個別に交渉する必要はなく、債務の返済条件の変更等は多数決により決せられる(※)。

 

        そのため、一部の債権者が 債権のカット等に反対したとしても、他の多数派の債権者の同意と裁判所の許可が得られれば、同意された内容で全ての債権者の権利の内容が強制的に変更される。

 

・デメリット

(顱飽貭蠅虜通海亙杠僂靴覆韻譴个覆蕕覆ぁ

 

(髻忘得減銚△料躋曚5,000万円を超える場合には、この手続を利用することができない。

 

(鵝砲い錣罎襯屮薀奪リストに載ってしまうため、約5〜10年間借入れができなくなる。

 

※ 〆銚⊆圓瞭数の過半数 かつ ∈得減銚△料躋曚瞭麒の一以上 の同意

 

 

 このように、各倒産手続には、メリット・デメリットがあります。そのため、債務者の財産・収入、債務の総額、債務者の意向等の様々な事情を総合的に考慮して、どの手続を利用するのが良いかを判断する必要があります。

 

 弁護士は、相談者からの聞き取りから、どの手続を選択することが相談者にとってより適切かについてアドバイスをし、ご依頼を受けた場合には、各手続の必要書類の作成や、債権者との交渉等を行います。

 

 早期に対策を採れば、破産に至らずに済む場合もあります。当事務所では、無料相談日も設けておりますので、ご利用下さい。

 

事務局:津森

監修:弁護士 中井洋輔



日付から記事を探す

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

現在表示されている記事

最新の記事

記事の種類から探す

過去の記事

リンク

プロフィール情報

書いた記事数:229 最後に更新した日:2020/05/29

検索

中井総合法律事務所

弁護士 中井 洋輔
(島根県弁護士会所属)
島根県出雲市渡橋町61
一畑いずも渡橋ビル2階
[TEL]0853-31-4960
[FAX]0853-31-4961